ガスアトマイズ合金粉末 製造・販売 大阪特殊合金株式会社
ガスアトマイズ合金粉末 受注生産・販売
アトマイズ事業部 
■お問い合わせ

ガスアトマイズ法で製造した合金粉末、OTG テクノパウダーのご紹介
合金粉末、OTG テクノパウダーのご紹介
一般用途
新合金開発
機能材料開発
複合材料開発
ガスアトマイズ合金粉末OTGテクノパウダーの受注について
お問い合わせ
大阪特殊合金株式会社 会社案内

様々な産業で使用される合金粉末の製造方法をご紹介致します。
合金粉末の製造方法は大きく分けて

@ 合金粉末を溶解、溶湯状態にして微粉化する方法
A 凝固を完了した合金を機械的に粉砕する方法
B 合金成分の各要素粉末から機械的プロセスにより合金化する方法
C 金属を蒸発させて合金化する方法
D 科学反応により、ビルドアップで合金を作る方法

がある。

工業的には、@ 高温で溶融して溶湯状態の合金に種々のエネルギーを与えて、溶湯状態から直接、合金粉末を得る溶湯−粉化法と、A 溶融した合金を凝固させた後、機械的に粉砕する機械的粉砕法が主流である。

粉末治金分野では、高温度で溶融状態にした合金成分の溶湯にガスや水を噴射して、その噴射流で溶湯を粉化するアトマイズ法が用いられる。その一般的な方法は、誘導炉やガス炉で溶解後、タンデシュの底部に設けたノズル穴から、溶湯を流下させ、その溶湯流に、不活性ガス、空気、水などを高速、高圧で吹き付けて、溶湯を微粉化、落下中に凝固させて合金粉末とする方法である。
熱源として、プラズマを使用するケースもある。

合金粉末の製造法 溶湯−粉化法
アトマイズ法 不活性ガスアトマイズ
空気アトマイズ
水アトマイズ
油アトマイズ
遠心アトマイズ法
回転電極法
凝固合金−粉砕法  
↑工業レベル ↑
↓基礎試験レベル↓
メカニカルアロイング  
(蒸発−合金化法)
(科学反応法)

各種合金粉末の製造法

1,アトマイズ法

合金粉末も製造可能
ガスアトマイズ法
球状粉末  
Ni合金、Co合金、Fe合金、Ti合金、Al合金、Pb    
水アトマイズ法
不規則形状  
Fe、Fe合金、Cu、Cu合金    
遠心力アトマイズ法
球状粉末  
Al合金、Pb合金    
プラズマアトマイズ法
球状粉末  
Ti、Mo、Cu、IN718    
2,メルトスピニング法

合金粉末も製造可能
  球状  
3,回転電極法

合金粉末も製造可能
プラズマREP法
球状粉末  
1018鋼    
4,機械プロセス法

合金粉末も製造可能
粉砕法
不規則形状  
各種合金、Fe-Si基合金、フェロアロイ
(Fe-Mn,Fe-Si,Fe-Cr等)
   
メカニカルアロイング法
丸みを帯びた
不規則形状
 
各種合金、分散強化合金、アモルファス    
5,科学プロセス法

合金粉末は製造困難
酸化物還元法
   
Fe,Co,Cu,Mo,Al,Mg    
塩化物還元法
   
Ti,Si    
湿式還元法
   
Ni,Cu    
カーボニル反応法
   
Fe,Ni    

トップページ製品のご紹介一般用途加工方法と用途新合金開発機能材料開発
複合材料開発受注についてお問い合せ会社案内金属粉末の知識サイトマップ

技術相談・お問い合わせは
コチラ

Copyright © OSAKA SPECIAL ALLOY CO., LTD. All Rights Reserved.
SEO対策 大阪 インターネットショッピングモール